MAMEBOOKS blog

 こんにちは。2010年から「移動式古本屋」として活動しています。
 じぶんが読んだ好きな本だけ並べて話して売っています。
 詳しくは↓で。
 http://mamebooks0115.jugem.jp/?eid=369
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    本の話|『アフリカ旅日記 ゴンベの森へ』 星野道夫 著
    0


      想像力と洞察力。
      星野道夫さんの著作に触れていると、いつもその言葉を思い浮かべます。
      つまり、近くと遠くをみること。

      こどもの頃、「自分が町で暮している同じ時間に北海道でクマが過ごしている」ことに頭を悩ませていたという多感な少年は、やがてカメラを手にアラスカの土地に渡り、根をおろし、動物を含めた人間の暮しを見つめる活動を続けていきます。
      広大な原野でただひとりキャンプを張りカリブーの大移動を待ち続けながら、自分という人間はどこからきたのだろうかと、ネイティブインディアンの歴史と重ね合わせながらルーツに想いを馳せる。
      そんな、星野道夫さんの豊かでまっすぐな洞察力と想像力が、ぼくはとてもとても大好きです。

      この著作は、星野道夫さんの本のなかで、ぼくがずっと読んでいなかったものでした。
      チンパンジーの観察研究に40年以上取り組んできたジェーン・グドールさんを訪ねたわずか10日間の旅のもようが綴られたエッセイ集。
      場所はタンザニア奥地にあるゴンベ動物保護区。1995年2月。星野道夫さんがなくなる1年半前の旅のことです。

      初めて訪れるアフリカ、初めて会話を交わすグドールさんとの空気。
      わずか10日間の旅に過ぎないのに、実に多くの思索と心の風景を星野道夫さんは遺しています。
      いつもそうなのですが、おそらく自身のなかで何度も反芻され血肉化されたような星野道夫さんのシンプルな文章は、すっと胸に入ってきて、ページのいたるところがはっとするよう名言や視点に満ちあふれ、思わずメモを取ってしまうので読み進むページがなかなか進みません。

      本書ではたとえば、こんな心の風景が描かれています。

      “風景とは言いかえれば、人の思い出の歴史のような気もする。風景を眺めているようで、多くの場合、私たちは自分自身をも含めた誰かを思い出しているのではないか。誰だって、他人の人生を分かち合うことなんてできはしないように、それぞれの人間にとって、同じ風景がどれほど違って映るものなのだろうか。”
      -p.40

      “見知らぬ異国にやって来て考えることは、そこで暮らす人々と自分の埋めようのない距離感と、同じ時代を生きる人間としての幸福の多様性である。どれだけ違う世界で生まれ育とうと、私たちはある共通する一点で同じ土俵に立っている。それは、たった一度の人生をより良く生きたいという願いなのだ。そう思った時、異国の人々の風景と自分が初めて重なり合う。”
      -p.42

      “幸福を模索するひとりの人間の一生が、一本のレールの上をできるかぎり速く走ることではないように、民族や人間の行方もまた、さまざまな嵐と出合いながら舵をとってゆく終わりのない航海のようなものではないだろうか。”
      -p.43

      “朝起きると、ゴンベの浜を歩くのが楽しみだった。漁から帰った村人たちが無数の小魚を干していて、森の中から現れたヒヒの群れがそのわきを通り過ぎてゆく。ぼくは網をつくろう若者に「ジャンボ!」と声をかけ、彼もまた「ジャンボ!」と笑みを返してくる。どんな人生を送ってきたのか、どんな夢を抱いているのかも知らぬ人間同士が、ふと、おたがいの人生の一点で交差する。そればかりか、おそらくもう二度と出合うこともない。その一瞬は考えてみると、限りない不思議さをも秘めている。”
      -p.95

      “ひとりの人間の一生の記憶の中で、光を放ち続ける風景とは、一体何なのだろう。忘れ難い思い出がうそのように遠く去り、何でもない一瞬がいつまでも記憶の中で生き続けることが、きっとある。”
      -p.106


      アフリカという未知の大地を体験する10日間という短い旅であったからこそ、より一層豊かに発揮された洞察力と想像力を存分に味わうことのできる1冊です。
      星野道夫さんがアフリカの地でどんな景色を目にしたのか。
      写真集『GOMBE』への興味も募ります。




      『アフリカ旅日記 ゴンベの森へ』
      星野道夫 著
      発行 メディアファクトリー

      | 本 -売り切れ- | 20:53 | comments(0) | - |
      PROFILE
      MAMEBOOKS
       
      MINEO Ryohei
       
      MAMEBOOKS とは?
      これまでのこと
      これまでに出店させていただいた場所 お店 一覧 → こちら
      CALENDAR
      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENT
      LINKS
      PR
      RECOMMEND